高野山 別格本山 總持院

高野山 別格本山 總持院

「今度高野山でお寺に泊まるんだ」と言った時、私は小学生の頃、夏休みに近所のお寺のお御堂に皆でタオルケットをかけて泊まったことを思い出しました。 確かに面白そうではありますが、もうこの年齢になってお御堂で雑魚寝というのもなあと言うのが正直な感想でした。 しかし実際に訪れてみると、高野山の別格本山「總持院」という宿坊だそうで、お御堂ではなく趣のある昔ながらの和室に泊まることができるんです。 客室によって大庭園を望めたり、坪庭があったりとそれぞれ異なったロケーションを楽しむことができます。 また、ちゃんと大浴場もあり、大浴場からもガラス越しに庭園を眺めることができますよ。 總持院は門の前は壇上大伽藍があり、隣には本山金剛峯寺、すぐ後ろには阿弥陀峯があり、高野山を参拝するには最高の立地が魅力です。 境内には樹齢1000年以上とも言われている白藤があり、厳かさを感じさせます。 普通の旅館とは違い、お寺ならではの神聖な雰囲気と静けさが日々の喧騒を忘れさせてくれ、心を静めてくれます。 夕食には精進料理を食べることができるのも總持院ならではの魅力です。 精進料理というと、量が少なく質素なイメージがありますが、魚や肉料理はないものの素材の旨味をしっかり引き出した野菜料理はとても美味しく、ちゃんとお腹も一杯になります。 朝6時からは本堂で読経があり、一般の人も参加できます。 早朝から住職によるお経を聞くと、心が洗われるような神聖な気持ちになりますよ。

 
© Copyright 2016 関西人気宿の旅 All Rights Reserved